メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

燃料デブリの県外処分を申し入れ 県知事ら

 東京電力福島第1原発がある福島県と原発周辺13市町村の首長は29日、世耕弘成経済産業相に対し、福島第1原発の事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)や使用済み核燃料を取り出した後、県外で処分するよう求める申し入れ書を提出した。

     この日は内堀雅雄知事らが世耕経産相と会談。内堀知事は県外処分を「復興や再生に欠かせない」と述べ、同原発が立地する大熊町の渡辺利綱町長も「放射性廃棄物が敷地内に長期間保管されることのないようお願いする」と念を押した。これに対し、世耕経産相は「処分が適切に行われるよう最後まで責任を持って対応する」と述べるにとどめた。【岡田英】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. お伊勢さん菓子博 「全国夢の市」 1時間待ち、売り切れに苦情 GWへ態勢強化 /三重
    2. フィギュア 村上佳菜子さんプロデビュー 
    3. ユーリ!!! on ICE 完全新作の劇場版アニメが製作 「オレたちは立ち止まれない!!!!」
    4. 氷の水族館 6年ぶり復活 600匹、冷凍庫で泳ぐ 宮城
    5. ダルビッシュ 捨て犬引き取る ツイッターの募集見て

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]