メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

8月 戦争文学 過去と現在を結びつける=田中和生

金子兜太氏=埼玉県熊谷市で2015年6月15日、喜屋武真之介撮影

 今年はリオデジャネイロの夏季五輪の話題もあったが、八月は日本が戦争に負けたことを思い出す季節だ。これは誰かに「思い出させられる」のではなく、自分で「思い出す」のでなくてはならないと思う。どんな理由があったとしても、日本は自分たちで戦争を起こし、それは敗戦という結果をもたらしたからである。その意味で、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)が、八月一五日に解散したのは鮮やかだった。

 これは、自分たちは日本が七十一年前に敗戦したことを忘れないし、忘れないでほしいという意思表示だろう…

この記事は有料記事です。

残り1849文字(全文2096文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  3. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  4. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです