メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

8月 戦争文学 過去と現在を結びつける=田中和生

金子兜太氏=埼玉県熊谷市で2015年6月15日、喜屋武真之介撮影

 今年はリオデジャネイロの夏季五輪の話題もあったが、八月は日本が戦争に負けたことを思い出す季節だ。これは誰かに「思い出させられる」のではなく、自分で「思い出す」のでなくてはならないと思う。どんな理由があったとしても、日本は自分たちで戦争を起こし、それは敗戦という結果をもたらしたからである。その意味で、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)が、八月一五日に解散したのは鮮やかだった。

 これは、自分たちは日本が七十一年前に敗戦したことを忘れないし、忘れないでほしいという意思表示だろう…

この記事は有料記事です。

残り1849文字(全文2096文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
  3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
  5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]