メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全線廃止の方針表明 来年9月末で検討

JR三江線の運行区間

 JR西日本は1日、広島県三次(みよし)市と島根県江津(ごうつ)市を結ぶ赤字路線のJR三江(さんこう)線(108.1キロ)について、沿線自治体に全線廃止の方針を表明した。9月中に廃止届を提出し、来年9月末での廃線を前提に検討している。

 JR西管内の全線廃止は、廃線が許可制から届け出制に変更された2000年の鉄道事業法改正以降、初めてになる。

 島根県美郷町であった沿線6市町の首長らでつくる「三江線改良利用促進期成同盟会」の臨時総会で表明した。沿線自治体は今後、第三セクター方式などによる鉄道存続か、バス転換かの判断を迫られる。

 総会後に記者会見したJR西の松岡俊宏・米子支社長は「鉄道が地域のニーズに合致せず、利用者減少に歯止めがかからない」などと理由を説明した。JR西はバスへの転換を提案している。

 三江線は1930年に島根県内で一部開通し、75年に全線が開通した。しかし沿線の人口減少や車利用の増加などで乗客数は年々低迷。1日1キロ当たりの平均通過人員を示す輸送密度は58人(昨年度)で、92年度の5分の1以下になるなど赤字が続いていた。【関谷徳、藤田愛夏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
  2. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  3. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
  4. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  5. バニラ・エア 車椅子客、自力でタラップ上る…昇降機なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]