メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

落語家 快楽亭ブラックさん

「昔、狂言を作ったことがあるんです。これまたエロ話なんだけど、なかなかの『迷作』で。皆様に広くお見せできないのが残念です」=東京都台東区で、望月亮一撮影

「芸に脂」の60代半ば 面白くて仕方ない

 ♪芸のためなら女房も泣かす それがどうした文句があるか

 ご存じ「浪花恋しぐれ」。そこで歌われた初代桂春団治そこのけの破天荒な生き方である。

 借金で身を持ち崩し、妻に逃げられ、大病にも倒れたが、今やすっかり元気いっぱい。この日は上野広小路亭(東京・上野)の独演会で、「くみたて」「次の御用日」といった古典に始まり、怪談「耳なし芳一」にヒントを得たお得意の艶笑噺(ばなし)でたっぷり2時間、大いに観客の腹をよじれさせた。

 そのデコボコ人生、ざんげ録をたっぷり聞こうと楽屋を訪れても「初代春団治には及びもつきませんが、私も…

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1869文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです