メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「昔、狂言を作ったことがあるんです。これまたエロ話なんだけど、なかなかの『迷作』で。皆様に広くお見せできないのが残念です」=東京都台東区で、望月亮一撮影

「芸に脂」の60代半ば 面白くて仕方ない

 ♪芸のためなら女房も泣かす それがどうした文句があるか

 ご存じ「浪花恋しぐれ」。そこで歌われた初代桂春団治そこのけの破天荒な生き方である。

 借金で身を持ち崩し、妻に逃げられ、大病にも倒れたが、今やすっかり元気いっぱい。この日は上野広小路亭(東京・上野)の独演会で、「くみたて」「次の御用日」といった古典に始まり、怪談「耳なし芳一」にヒントを得たお得意の艶笑噺(ばなし)でたっぷり2時間、大いに観客の腹をよじれさせた。

 そのデコボコ人生、ざんげ録をたっぷり聞こうと楽屋を訪れても「初代春団治には及びもつきませんが、私も…

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです