メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

消費税扱い整理を 金融庁「二重課税」の指摘も

 金融庁は2017年度税制改正要望で、ビットコインなどの仮想通貨の購入が消費税の対象になるかどうかを整理するよう求めた。現在は仮想通貨の購入時と、仮想通貨を利用して買い物をした時の両方に消費税が課され、「二重課税」との指摘も出ているためだ。

 消費税法は、商品券やプリペイドカードなどの購入時は非課税とし、商品券などを利用してモノを買う時に課税するよう定めている。購入時と利用時の二重課税を防ぐためだ。これに対し、仮想通貨は購入時にも消費税が課せられる。登場から間もない仮想通貨は税法上の…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]