メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2号機でホウ酸水漏れ

四国電力伊方原発=愛媛県伊方町で、田畠広景撮影

 四国電力と愛媛県は1日、伊方原発2号機(同県伊方町、定期検査中)の1次冷却水を冷やす装置の配管から、放射性物質を含むホウ酸水約10ミリリットル(推定)が漏れるトラブルがあったと発表した。付着物の放射能濃度は約7ベクレルとごく微量で、外部への影響などはないとしている。

 点検準備中の社員が8月30日午後4時ごろ、ステンレス製配管にホウ酸とみられる付着物を見付けた。検査の結果、配管の溶接部に30ミリ程度のひびがあった。経年劣化や施工の影響の可能性が考えられるという。

 定期検査中のため配管内は空だったが、一部に残ったホウ酸水がにじみ出たらしい。ホウ酸は、原子炉稼働時に出る中性子を吸収する役割がある。【橘建吾】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自動車 佐藤選手に差別的投稿…インディ優勝で米紙記者
  2. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
  3. 大リーグ イチローにもあった人種差別行為「氷やコイン投げられ…」(スポニチ)
  4. マンション 築60年、建て替え全住民合意…初の民間分譲
  5. 安倍首相 過去に加計役員「報酬、1年で14万円」参院委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]