メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヤネズミ

最小・希少、守れ 県立大非常勤講師・畠さんが研究、保護 食害は誤解、突き止め発表 /滋賀

研究用のため手のひらに乗せた「カヤネズミ」の写真を手にする畠さん。奥の草むらには巣も見える=京都市で、田中将隆撮影

 日本で最小のネズミとして知られ、県内では希少種、他の自治体では絶滅危惧種にも指定されている「カヤネズミ」を自然な形で保護する活動を、県立大非常勤講師の畠佐代子さん(47)=京都市=が長年にわたり続けている。イネなどに巣を作り、食害をもたらす「害獣」と扱われてきたが、畠さんは糞(ふん)のDNAを解析してイネをほとんど食べない事実を突き止め、食害は誤解だったと今年5月末に発表。今後は論文にまとめる予定で、12月に県立琵琶湖博物館で「全国カヤ・サミット」を開くなど、生態について情報発信をしていく。

 カヤネズミは体長約6センチ、体重が7〜8グラム。春から秋にかけて主にススキやオギなどのイネ科の植物…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです