メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

那智勝浦・色川小中学校が完成 真新しい校舎で2学期 /和歌山

和歌山県那智勝浦町立色川小中学校の新校舎=同町教委提供

防災、活性化の拠点にも

 那智勝浦町大野に旧色川小学校と旧色川中学校を統合した「色川小中学校」(山下真司校長)の新校舎が完成し、児童17人、生徒9人の計26人が2学期の始まった1日から机を並べ、学んでいる。

 小学校は1963年3月、中学校は1952年3月にそれぞれ建設された、木造校舎で老朽化が著しく、耐震性も不足していた。町は小中学校の将来についてさまざまな角度から検討・協議を重ね、地元住民から意見を聞く説明会も開催。その結果、統廃合は通学時間が長くなり、子どもたちに大きな負担を強いる▽学校は地域コミュニティーの拠点で災害時の避難場所の役割を果たしている▽Iターンの若い子育て…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  4. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです