メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

中国が「パリ協定」批准

 【杭州(中国)河津啓介】中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)は3日、国際的締結を承認し、批准を認めた。世界最大の温室効果ガス排出国である中国の批准が決まったことで、協定の早期発効に向けて大きく前進した。

     パリ協定は昨年末、パリで開催された国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で京都議定書に代わる新たな温暖化防止の枠組みとして採択された。175カ国・地域が署名。今年5月の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)でも年内発効に向け努力することで合意していた。協定発効には、批准国が55カ国で、かつ批准国の温室効果ガス排出割合の合計が世界の55%以上になる必要がある。

     世界の温室効果ガス排出量のうち、最大の中国が約20%、2位の米国が約18%を占めており、米中の批准が早期発効に向けた最大の課題となっていた。米国も批准準備を進めており、両国で合わせて40%近くを占める米中の動向が協定の発効時期を左右するとみられている。

    パリ協定

     批准国が2020年以降の温室効果ガスの自主的な削減目標を示し、地球温暖化対策に取り組むことを決めた国際枠組み。法的拘束力があり、世界全体で産業革命前と比べた気温の上昇を2度未満に抑えることが目標。今世紀後半には温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指す。各国は対策を5年ごとに見直して強化する。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 外国人技能実習 来日費用100万円、足かせ 滞る返済
    2. ORICON NEWS 『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持
    3. NHK 特番で安室さん「デビューあれば絶対引退が来る」
    4. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん
    5. 雨のち晴れ バブル崩壊で金策苦慮 山一証券会長・立川正人さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]