メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栗駒山麓ジオパーク

認定1年 「経済効果高める政策を」 来訪者増望む住民 /宮城

大規模な崖崩れ跡(右奥)が残る「荒砥沢」のジオサイト。掲示板(手前)は設置されたが、住民からは「間に山もあり、ここからでは全体像が伝わらない」との指摘も=栗原市の藍染湖公園で

 栗原市全域を対象地域とする「栗駒山麓(さんろく)ジオパーク」が、貴重な地形や地質が残る自然公園「日本ジオパーク」に認定され、4日で1年を迎える。2008年の岩手・宮城内陸地震を教育などに活用する取り組みが評価されたジオパーク。市を訪れる観光客数は地震前を上回る見通しだが、被災地からは経済効果を高める政策の実現を望む声が上がる。【山田研】

 「負の遺産が富の遺産になれば」。内陸地震で死者7人を出した同市栗駒耕英地区の住民でつくる「栗駒山麓…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです