メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の道を行く

新たな山陰観光ルート/12 石見神楽・万葉文化地区 華麗な舞、物語彩る /島根

石見神楽の「大蛇」で須佐之男命が大蛇を退治する場面=島根県益田市で、横井信洋撮影

 ホールの照明が落とされ、太鼓や鉦(かね)、笛の囃子(はやし)が響き渡る。益田市の益田駅前ビル「EAGA」。土曜日恒例の「石見の夜神楽」。石見神楽は県西部の石見地方で受け継がれてきた伝統・民俗芸能で、起源は近世以前ともいわれる。金糸、銀糸が鮮やかな衣装をまとい、面の表情も豊か。東北などの神楽と比べ、勇壮で華麗な舞が特徴の一つだ。

 夜神楽の最初の演目は「八幡(はちまん)」。武勇の神、八幡麻呂(やはたまろ)が異国の悪魔王を弓矢で退…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1248文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです