メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希少動物

マヌルネコ ロシアから“婿入り”

埼玉県こども動物自然公園に来園したマヌルネコの雄=同園提供

 埼玉県こども動物自然公園(東松山市岩殿)に、ロシアのノボシビルスク動物園から2歳の雄のマヌルネコ1匹が送られ、3日、公開された。希少動物のマヌルネコは、同園で既に3匹飼われており、計4匹になった。

     マヌルネコはモンゴル語で「小さい野生猫」を意味し、中央アジアの岩山などにすむ。太く短い足と長い毛が特徴。夜行性で単独で生活し、警戒心が強いため飼育が難しい。動物園などで飼われているのは日本国内では11匹だけだ。

     近親交配を避けて繁殖を目指すため、世界的に動物園が連携しており、2014年に同園で生まれた雄雌各1匹は米国の動物園に送られている。

     こども動物自然公園では昨年2月、同園で5匹の父親となったオスカーが死んだ後、雄1匹と雌2匹が飼育されていた。同園では今回“婿入り”した雄と、雌との間で早ければ来春の赤ちゃん誕生を期待している。【中山信】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]