メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/22 多賀 大手の技、地元愛と融合 /滋賀

杉坂山のふもとに広がる「秋の詩」の田。農薬と化学肥料の少ない環境こだわり米だ。晩生(おくて)なので8月下旬でも青い=滋賀県多賀町大岡で、山本直撮影

 「元社員さんが農業に戻る時『わしの米で酒を造ってな』って言ってくれたの。この田にはホウネンエビなど昔ながらの生き物が何種類もすんでいるんですよ」。青々とした「秋の詩(うた)」の田を前に、「多賀」創業家の中川信子さん(57)がほほ笑んだ。県が育成した食用米・秋の詩は昨年、日本穀物検定協会の食味ランキングで最高の「特A」を獲得。この米で6年前から造っている純米酒「多賀秋の詩」は今や同社を代表する銘柄の一つだ。

 多賀大社の北西約1キロ。鈴鹿山脈から流れる芹川沿いで前身の中川酒造は1711(正徳元)年に創業した…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  2. 空き巣 インスタで標的決定 容疑で少年ら35人摘発 愛知県警
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです