メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/22 多賀 大手の技、地元愛と融合 /滋賀

杉坂山のふもとに広がる「秋の詩」の田。農薬と化学肥料の少ない環境こだわり米だ。晩生(おくて)なので8月下旬でも青い=滋賀県多賀町大岡で、山本直撮影

 「元社員さんが農業に戻る時『わしの米で酒を造ってな』って言ってくれたの。この田にはホウネンエビなど昔ながらの生き物が何種類もすんでいるんですよ」。青々とした「秋の詩(うた)」の田を前に、「多賀」創業家の中川信子さん(57)がほほ笑んだ。県が育成した食用米・秋の詩は昨年、日本穀物検定協会の食味ランキングで最高の「特A」を獲得。この米で6年前から造っている純米酒「多賀秋の詩」は今や同社を代表する銘柄の一つだ。

 多賀大社の北西約1キロ。鈴鹿山脈から流れる芹川沿いで前身の中川酒造は1711(正徳元)年に創業した…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1753文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]