メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/22 多賀 大手の技、地元愛と融合 /滋賀

杉坂山のふもとに広がる「秋の詩」の田。農薬と化学肥料の少ない環境こだわり米だ。晩生(おくて)なので8月下旬でも青い=滋賀県多賀町大岡で、山本直撮影

 「元社員さんが農業に戻る時『わしの米で酒を造ってな』って言ってくれたの。この田にはホウネンエビなど昔ながらの生き物が何種類もすんでいるんですよ」。青々とした「秋の詩(うた)」の田を前に、「多賀」創業家の中川信子さん(57)がほほ笑んだ。県が育成した食用米・秋の詩は昨年、日本穀物検定協会の食味ランキングで最高の「特A」を獲得。この米で6年前から造っている純米酒「多賀秋の詩」は今や同社を代表する銘柄の一つだ。

 多賀大社の北西約1キロ。鈴鹿山脈から流れる芹川沿いで前身の中川酒造は1711(正徳元)年に創業した…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです