メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治療の医師含め35人に

 関西国際空港の従業員が相次いではしかに感染している問題で、大阪府は4日、従業員の治療に当たった医師を含め、新たに4人の感染を確認したと発表した。これで感染者は計35人になった。

 4人は従業員と医師、救急隊員、30代男性。30代男性は先月28日、対岸の「りんくうプレミアム・アウトレット」(同府泉佐野市)などに立ち寄ったが、関空は利用していないという。【大森治幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
  2. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  3. 相田翔子 23年ぶりにセルフカバー 競馬場で生歌披露
  4. 炭鉱遺産 求む!引き取り手…移転先、置き場なく 九州大
  5. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]