メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

取材制限巡り米職員と口論に…オバマ氏空港到着時

 【杭州・河津啓介】オバマ米大統領が3日に20カ国・地域(G20)首脳会議出席のために専用機で中国・杭州の空港に到着した際、中国側の取材制限をめぐってホワイトハウス職員と中国当局者が口論になる一幕があった。専用機が着陸しても中国側が赤じゅうたんを敷いたタラップを用意せずに出迎えるトラブルもあった。

 米メディアによると、米側の同行記者団が専用機から降りてくるオバマ氏を取材するために専用機に近づくのを中国当局者の男性が制止。ホワイトハウス職員の女性が抗議すると、中国当局者は「ここは我々の国だ。我々の空港だ」と叫んだ。また、オバマ氏側近のライス米大統領補佐官も排除しようとした。

 中国は今回のG20で厳重な警備態勢をとっている。ただ、オバマ大統領は4日、取材する機会を守ることは重要だと確認した上で「この種の出来事が起きるのは初めてではない」と述べ、事を荒立てない考えを示した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
  3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
  4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
  5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]