メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の道を行く

新たな山陰観光ルート/14止 山陰地方の観光戦略 異文化交流起爆剤に /島根

「縁の道」の活用について話す山陰インバウンド機構の福井善朗代表理事=鳥取県米子市で、李英浩撮影

 日本のルーツをたどる文化や歴史に触れる旅ができる「縁の道」。鳥取、島根両県と山口県萩市を結ぶこの広域周遊ルートをどのように生かし、インバウンド(訪日外国人客)振興につなげていくのか。構想を企画した「山陰インバウンド機構」(鳥取県米子市)の福井善朗代表理事(59)に、山陰を舞台にした将来の観光戦略を聞いた。

 ◆「縁の道」の特徴や、どのような客層へのPRを狙っているのか教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1265文字(全文1458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです