メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

千代の富士の誇り胸に 新生「九重部屋」スタート

力士たちの稽古を見守る九重親方(奥は千代の国)

 歴代3位の優勝31回を誇り、角界初の国民栄誉賞を受賞した元横綱・千代の富士の先代九重親方が7月31日に亡くなり、1カ月が過ぎた。師匠の急死で、悲しみに包まれた九重部屋は秋場所の初日を11日に控え、新しいスタートを切った。【村社拓信】

 番付発表翌日の8月30日朝、新生九重部屋の稽古(けいこ)が始まった。先代親方が亡くなった後も、力士たちは巡業や合宿を行ってきたが、部屋での本格的な稽古は久しぶりだった。

 先代から部屋を継いだ九重親方(元大関・千代大海)は上がり座敷の端に座り、弟子たちの稽古を見届けた。…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです