メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あがらのまち自慢

紀三井寺公園陸上競技場トレーニングルーム(和歌山市) 最新マシン、誰でも利用可 /和歌山

19種類のマシンがそろうトレーニングルーム=和歌山市毛見の紀三井寺公園陸上競技場で、高橋祐貴撮影

 昨年の和歌山国体でメイン会場となった和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場は、最新鋭のトラックとフィールドだけでなく、最新のマシンがそろったトレーニングルームも内部に備えている。本格的に競技に取り組む多くの選手たちも利用することで知られるこの施設の特徴を、公園管理事務所「紀の国はまゆう」の吉川渉総務・統括部長(39)に紹介してもらった。【高橋祐貴】

 <施設は新しく、幅広い時間帯に利用されている>

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです