メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

「2年2%」無理あった 日本経済研究センター理事長・岩田一政氏

岩田一政氏

 日銀は20、21日の金融政策決定会合で2013年4月以降の大規模金融緩和について「総括的な検証」を行う。日銀の金融政策の課題や今後のあるべき方向性について識者に聞く。

 −−3年半にわたる異次元緩和への評価は。

 ◆「2年で2%」の目標を掲げて短期決戦で臨んだが、達成できていない。企業収益や労働需給の改善などポジティブな面はあったが、長期化に伴って政策の限界が意識され、金融政策の信頼性も揺らいできた。「2年で2%」と期間を区切った目標自体に無理があった。市場の予想しない金融緩和を打ち出す「サプライズ」を起こす作戦もマイナス金利の導入では裏目に出てしまい、政策の負の側面が強調されたのは不幸だった。

 −−「総括的な検証」で何を検証すべきですか。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1185文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. イカナゴシンコ、3年連続の不漁予測 兵庫
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです