メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 なかなか挑戦的な邦題である。On7「ま○この話〜あるいはヴァギナ・モノローグス〜」(イヴ・エンスラー作、谷賢一訳・演出、7月14〜18日、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ)。性的なもの、こと女性器については口に出すのもはばかられる社会において、引いた人もいたに違いない。

 けれど、老舗の新劇系劇団所属の女優7人(小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、渋谷はるか、吉田久美、保亜美、宮山知衣)の勇気ある挑戦と、そこにがっぷり組んだ気鋭の演出家が創り出した“性と生”の世界は、スタイリッシュでポップ。ストレートなエネルギーが終始、心を揺さぶった。先入観って、なんてやっかいなものなんだろう。

 ファッションショーのランウエーから一気にカジュアルをまとう小粋な序章に始まり、生命の神秘をたたえる…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです