メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 なかなか挑戦的な邦題である。On7「ま○この話〜あるいはヴァギナ・モノローグス〜」(イヴ・エンスラー作、谷賢一訳・演出、7月14〜18日、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ)。性的なもの、こと女性器については口に出すのもはばかられる社会において、引いた人もいたに違いない。

 けれど、老舗の新劇系劇団所属の女優7人(小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、渋谷はるか、吉田久美、保亜美、宮山知衣)の勇気ある挑戦と、そこにがっぷり組んだ気鋭の演出家が創り出した“性と生”の世界は、スタイリッシュでポップ。ストレートなエネルギーが終始、心を揺さぶった。先入観って、なんてやっかいなものなんだろう。

 ファッションショーのランウエーから一気にカジュアルをまとう小粋な序章に始まり、生命の神秘をたたえる…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文738文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
  3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
  4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]