メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

豊島区のベビーシッター派遣を拡大 12月から /東京

 待機児童の受け皿を広げるため、豊島区は家庭にベビーシッターを派遣する「居宅訪問型保育事業」の対象を、希望する認可保育園に入れなかった子どもにも拡大する。高野之夫区長が7日の記者会見で発表した。現在は重度障害児など通園が難しい子どもが対象。都内では千代田区に続く2例目の取り組みで、9日開会の豊島区議会定例会に補正予算案1860万円を提出し、12月に定員10人でスタートする。

 居宅訪問型保育事業は、昨年4月に始まった国の子ども・子育て支援新制度で、新たに認可事業となった。区…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです