メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

お金の量、目標は無意味 富士通総研エグゼクティブ・フェロー 早川英男氏

=内藤絵美撮影

 −−日銀が9月20、21日の金融政策決定会合で、大規模な金融緩和の「総括的な検証」を行います。

 ◆2013年4月の大規模な金融緩和の導入当初は「2年程度」とした2%の物価上昇目標の達成時期がどんどん後ろにずれている。現在の「17年度中」の先送りも避けられない。黒田東彦総裁は「金融緩和に限界はない」と強調してきたが、14年10月の「追加緩和」を最後に国債購入の拡大に踏み切れておらず、政策の限界を自ら証明している。これまでの金融政策を検証しなければならない状況に追い込まれたということだ。ただし、検証したうえで金融政策を立て直すのは大変いいことだ。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1061文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです