メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

物質の新機能探す冒険 理化学研究所・創発物性科学研究センター長 十倉好紀さん

「これからも物質の新しい機能を研究していきたい」と語る十倉好紀さん=埼玉県和光市の理化学研究所で

十倉好紀(とくら・よしのり)さん(62)

 比較的高い温度でも電気抵抗がなくなる「高温超電導」や、物質に磁場をかけると電気抵抗が劇的に変化する「巨大磁気抵抗」など、物質の新しい性質の発見やその仕組みの解明に取り組んできた。「ジャングルで次から次へと新しい金脈を探している」。多くの種類の物質から、新しい機能を見つけ出す研究はまるで冒険だ。

 研究対象は、物質内で電子が相互に強く作用し、温度や磁場など外部の刺激で性質が大きく変わる「強相関電…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです