メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥獣被害

ドローンで夜行性の生息調査

 全国各地で農作物の鳥獣被害が深刻化する中、大日本猟友会(東京都)は今年度、小型無人機「ドローン」を活用し、シカやイノシシなど夜行性の野生鳥獣の生息調査に乗り出す。赤外線カメラを取り付けたドローンを夜間に飛ばし、生息数を把握する。これまでは日中の調査が中心だったが、より正確に把握できるという。実証実験に成功すれば国や地方自治体に導入を働きかける。

     実証実験は、大日本猟友会とドローンの製造販売会社などが島根県と岩手県で実施。島根では気温が低く、動物の体温を赤外線カメラで把握しやすい11月にニホンジカの生息調査をする。

     夜間にドローンを自動運転で飛ばし、最高で地上150メートルから赤外線カメラで静止画を撮影。動物の体温を感知して自動判別する仕組みで、撮影した画像を解析して調査エリアの生息数を割り出す。

     これまでは鳥獣のフンを調べたり、捕獲数や目撃情報などを基に生息数を推計したりしていたが、シカやイノシシは夜行性のため、日中の調査では限界があった。

     島根県飯南町では8月、調査の担い手となる地元猟友会のメンバー約40人を対象としたドローン操縦の研修会を開き、実験に向けた準備を進めている。

     環境省鳥獣保護管理室は「調査に使うドローンの台数や性能にもよるが、将来的には有効な調査手法として認められる可能性がある」としている。

     農林水産省によると、野生鳥獣による農作物の被害額は1999年以降、200億円前後で推移している。【長宗拓弥】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
    2. 座間事件 容疑者と半年間同居 女性、優しい言葉信じ
    3. 下町ボブスレー “五輪出場”の夢がピンチに
    4. 社説 平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい
    5. 北上製紙 7月末に全事業停止へ 解散・清算を検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]