メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過労自殺

肥後銀役員の賠償求め、株主代表訴訟を提起

 肥後銀行(本店・熊本市)に勤務し過労自殺した男性(当時40歳)の妻(46)が7日、当時の役員11人を相手取って計約2億6000万円を同行に賠償するように求める株主代表訴訟を熊本地裁に起こした。代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、過労死や過労自殺で役員の責任を問う株主代表訴訟は全国で初めて。経営陣に過労死防止対策を促すのが狙いという。

 訴状によると、男性は為替や手形の処理システム更改の責任者だった2012年6月20日以降、時間外労働…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです