メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過労自殺

肥後銀役員の賠償求め、株主代表訴訟を提起

 肥後銀行(本店・熊本市)に勤務し過労自殺した男性(当時40歳)の妻(46)が7日、当時の役員11人を相手取って計約2億6000万円を同行に賠償するように求める株主代表訴訟を熊本地裁に起こした。代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、過労死や過労自殺で役員の責任を問う株主代表訴訟は全国で初めて。経営陣に過労死防止対策を促すのが狙いという。

 訴状によると、男性は為替や手形の処理システム更改の責任者だった2012年6月20日以降、時間外労働…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです