メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発症の仕組みの一端解明 九大グループ

 自閉症を引き起こす仕組みの一端を遺伝子異常の側面から解明したと、九州大の研究グループが発表した。

 7日付の英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載される。

 自閉症の原因に関係すると考えられる遺伝子は数多く報告されている。特にDNAの転写などに関わる「CHD8」を持っていない人は患者で最多の約0.4%いるとの研究もあるが、具体的な因果関係は不明だった。

 中山敬一・九大主幹教授(細胞生物学)らは、CHD8がないマウスを作製し、行動を観察。正常なマウスに比べ、不安を強く感じたり、仲間に関心を示さなかったりする自閉症の傾向がみられたという。

 次にさまざまな遺伝子の働きを調べ、CHD8のないマウスは「REST」というたんぱく質が異常に活性化することが分かった。

 RESTは胎児の神経細胞の発達を止める働きがある。そのため、自閉症を引き起こすと考えられるという。

 中山主幹教授は「RESTの働きを抑制する薬を作り、患者に届けたい」と話した。【阿部周一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  2. 選抜高校野球 2ケタ得点で圧勝 最後の8強は健大高崎
  3. 和歌山・小5刺殺 被告の父謝罪 「本当にすみません」 地裁公判
  4. 高浜原発 再稼働可能に…大阪高裁が運転差し止め取り消し
  5. 千葉・我孫子の女児殺害 両手首に縛られた痕 押さえつけられたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]