メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪大

iPS細胞移植「適切」 世界初の臨床研究計画 

 目の難病患者に他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜組織の細胞を移植する世界初の臨床研究計画について、大阪大の特定認定再生医療等委員会(委員長=早川堯夫(たかお)・近畿大薬学総合研究所研究顧問)は8日、患者への説明文書を分かりやすくすることを条件に「適切」と認める結論を出した。近く意見書としてまとめ、計画とともに厚生労働省に提出する。同省の評価部会…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです