メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪大

iPS細胞移植「適切」 世界初の臨床研究計画 

 目の難病患者に他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜組織の細胞を移植する世界初の臨床研究計画について、大阪大の特定認定再生医療等委員会(委員長=早川堯夫(たかお)・近畿大薬学総合研究所研究顧問)は8日、患者への説明文書を分かりやすくすることを条件に「適切」と認める結論を出した。近く意見書としてまとめ、計画とともに厚生労働省に提出する。同省の評価部会で認められれば、来年前半にも移植手術が行われる見通し。

     臨床研究は、京都大iPS細胞研究所など4機関が実施する。悪化すると失明の恐れがある「滲出型加齢黄斑変性(しんしゅつがたかれいおうはんへんせい)」の患者が対象。京大で作製したiPS細胞を理化学研究所が網膜色素上皮細胞に分化させ、阪大と神戸市立医療センター中央市民病院が移植する。

     この日の委員会では妥当性や安全性などを審査した。患者への説明文書について「分かりやすく丁寧に書いてほしい」との条件を付けた。

     終了後、早川委員長は「手術の安全性については問題はないと考えている」と話した。【畠山哲郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
    4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]