メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

鬼怒川決壊1年 復興はまだ遠く、あの日を忘れず(その1) 常総市民197人仮住まい /茨城

<上>現在の鬼怒川堤防決壊現場周辺=常総市三坂町で9日<下>1年前の決壊現場周辺。家は傾き、大きな水たまりもあった=昨年9月14日

 昨年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊してから10日で1年。常総市三坂町の決壊地点で堤防が完成するなど復旧工事が進む一方、約200人は今も仮住まいを余儀なくされ、生活再建のめどは立っていない。学校や病院は日常に戻ったが、水害を契機に廃業した商店も多く、復興は道半ばだ。【宮田哲、松本尚也】

 三坂町の堤防は5月末、長さ約200メートルにわたる本堤防が完成。国は2020年度までに約600億円を投じて、鬼怒川周辺の緊急整備を進めている。

 県内では常総市で2人、境町で1人の計3人が死亡した。県のまとめ(7月22日現在)では、水害による住…

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1770文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです