メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろインタビュー

アニャンゴさん 私の「ニャティティ」を聴いて

 アフリカの音楽おんがく大好だいすきになったアニャンゴさん(35)はたった一人ひとりでケニア奥地おくちむらはいり、音楽おんがく修業しゅぎょうをしました。情熱じょうねつみとめられ、男性だんせいだけに演奏えんそうゆるされる伝統楽器でんとうがっき「ニャティティ」のはつ女性奏者じょせいそうしゃとなり、国内外こくないがいまわっています。うつくしい歌声うたごえとともにサバンナのかぜ大地だいちいのりをかんじさせるサウンドです。あつおもいをきました。【城島徹じょうじまとおる

     ☆ずっと音楽おんがくきだったのですか。

     ★4さいからピアノをならい、中学ちゅうがくでバンドをみました。高校こうこうでは自分じぶん作詞作曲さくしさっきょくしてうたうバンドでプロを目指めざし、大学時代だいがくじだいにアメリカのニューヨークにかいましたが、着陸ちゃくりくの2時間前じかんまえ同時多発どうじたはつテロ(2001ねんがつ11にち)がきて日本にっぽんもどりました。ふたた目指めざしたときはイラク戦争せんそうはじまり断念だんねんしました。

     ☆アフリカとの出合であいは。

     ★大学だいがく卒業そつぎょうし、日本にっぽんでケニアの音楽おんがく演奏えんそうするバンドのリズムにショックをけました。ケニアをたずねて本場ほんば伝統音楽でんとうおんがくれ、「ニャティティという楽器がっききたい」とおもったのです。日本にっぽんでおかねをためながら、現地げんちはなすスワヒリ毎朝まいあさから勉強べんきょうしました。

     ☆本格的修業ほんかくてきしゅぎょうはいつから?

     ★2005年春ねんはるです。それまで「自分じぶんきなことをやりなさい」とっていたちちは、「絶対ぜったいダメだ」と大反対だいはんたい一人娘ひとりむすめ心配しんぱいだったのですね。いま応援おうえんしてくれますが、当時とうじ家出いえでのようにケニアにかいました。

     ☆ニャティティはどんな楽器がっきで、だれならいましたか。

     ★ケニア・ルオぞく男性だんせい伝統的でんとうてき弦楽器げんがっきで、右足指みぎあしゆびてつ足首あしくびてつすずでリズムをきざみ、両手りょうてで8ぽんげんをはじきながらうたいます。その音楽おんがく密接みっせつ文化ぶんからしをりたいと、首都しゅとナイロビからバスで10時間じかん徒歩とほで3時間じかんかかるむら最高さいこう師匠ししょうに「おしえてください」とたのみました。「外国人がいこくじんはダメ」とことわられ、がって4日目よっかめに「このむららし、わたしたちの文化ぶんかってから」とわれ、つちうしのふんでつくったかべいえみました。電気でんき水道すいどうもなく、みずくみやたきぎひろいをつづけて2かげつたち、師匠ししょうが「さあいてみなさい」とはじめておしえてくれました。

     ☆女性じょせいには演奏えんそうゆるされていない楽器がっきでしたね。

     ★師匠ししょうむらひとわたしへのせっかたわってきました。滞在たいざいして8かげつがたち、師匠ししょうから「アニャンゴ」(午前中ごぜんちゅうまれたおんな)のをもらい、数百人すうひゃくにんまえ演奏えんそうすると、むらひと大喜おおよろこび。がっておどってくれました。師匠ししょうは「これからさきあそびじゃない。わたしわりに世界中せかいじゅうってかなでてきなさい」と。これが卒業試験そつぎょうしけんで、2005ねん11がつ26にちのことでした。

     ☆今年ことしなつはケニアでも演奏えんそうしましたね。今後こんご予定よていは?

     ★ちかくベストばんCDがアフリカすうこく同時発売予定どうじはつばいよていです。あきから日本にっぽんツアーをするのできにてくださいね。


    プロフィル◇

     本名ほんみょう向山恵理子むこうやまえりこ東京都出身とうきょうとしゅっしん青山学院大卒あおやまがくいんだいそつ国内こくないのほかアフリカ、ヨーロッパなどで演奏活動えんそうかつどう日本にっぽんケニア文化親善大使ぶんかしんぜんたいし著書ちょしょに「つばさはニャティティ舞台ぶたい地球ちきゅう」(学芸がくげいみらいしゃ)など。ホームページ(http://anyango.com/)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
    2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    3. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
    4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
    5. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]