メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

5年半 避難者7割減/進まぬ東電損害賠償 /秋田

 東日本大震災の発生から、11日で5年半を迎える。被災3県から県内に避難している人は1日現在、302世帯744人で、ピークだった2011年8月から7割ほど減少した。

 県によると、県別では、福島県からの避難が204世帯542人、宮城県86世帯178人、岩手県12世帯24人。避難先は、民家などが156世帯で最も多い。民間借り上げ住宅(みなし仮設住宅)には116世帯、県営住宅には11世帯が暮らす。県はみなし仮設など一部の入居期限を1年間延長することを決めている。

 福島県は東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅の無償提供を来年3月末で打ち切る方針だ。こ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです