メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

5年半 避難者7割減/進まぬ東電損害賠償 /秋田

 東日本大震災の発生から、11日で5年半を迎える。被災3県から県内に避難している人は1日現在、302世帯744人で、ピークだった2011年8月から7割ほど減少した。

 県によると、県別では、福島県からの避難が204世帯542人、宮城県86世帯178人、岩手県12世帯24人。避難先は、民家などが156世帯で最も多い。民間借り上げ住宅(みなし仮設住宅)には116世帯、県営住宅には11世帯が暮らす。県はみなし仮設など一部の入居期限を1年間延長することを決めている。

 福島県は東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅の無償提供を来年3月末で打ち切る方針だ。こ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性遺体 新潟市内の20代女性か 知人男性所在不明に
  2. 十日町の殺人死体遺棄 女性の身元判明 死因は不詳 遺体損傷激しく /新潟
  3. 新潟女性遺体 不明前後に知人男性と通話 携帯に履歴
  4. 女性遺体 ダムに浮かぶ衣装ケースの中に 兵庫・加古川
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです