メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者生活再建支援法

「改善を」8割 制度とニーズに差 61市町村、毎日新聞調査

被災者生活再建支援法に関する自治体アンケート

 大災害で自宅を失った世帯に最大300万円を支給する「被災者生活再建支援法」について、東日本大震災(2011年3月)と関東・東北豪雨(15年9月)、熊本地震(16年4月)で甚大な被害が出た6県の61市町村に毎日新聞がアンケートしたところ、8割が支援法を「改善すべきだ」と考えていることが分かった。現在は原則支給対象外の半壊世帯にまで支援枠を拡大するよう求める市町村が最多。次に支給額引き上げが多かった。制度が被災地のニーズに応えられていない現状が浮かんだが、国は支援法の見直しに否定的だ。

 アンケートは11日に東日本大震災から5年半となるのに合わせ、岩手12▽宮城15▽福島10▽茨城5▽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです