メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工事現場

作業員4人が感電…1人死亡、1人重体 八王子

 10日正午ごろ、東京都八王子市暁町2の緑地の擁壁工事現場で、男性作業員4人が感電する事故があった。この事故で50代の作業員が死亡。30代の作業員が意識不明の重体となり、他の2人も軽いけがを負った。警視庁八王子署は業務上過失致死傷の疑いも視野に事故の状況を調べている。

     同署や東京消防庁などによると、作業員らは擁壁に沿って足場を組み、長さ約6メートルの鉄製の棒を斜面に差し込む作業中、近くの電線に棒が触れて感電したとみられる。八王子市発注の工事で、工期は6月29日〜11月18日の予定だった。

     現場はJR八王子駅の北約2キロの住宅地。近所の男性(77)は「事故当時、周辺は45分ほど停電した」と話した。石森孝志市長は「誠に遺憾。事故防止に向けた指導を徹底する」とのコメントを出した。【野倉恵、黒川将光】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
    4. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人
    5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]