メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

新井、黒田以上に優勝に貢献した選手は? セイバーメトリクスで分析する広島の強さ

丸佳浩=阪神甲子園球場で2016年4月9日、平川義之撮影

 プロ野球のセ・リーグで10日、広島東洋カープが25年ぶりの優勝を果たした。長年、チームは低迷していたが、今季は投打ともに好調で、2位以下を大きく引き離した。統計学的に野球を分析する「セイバーメトリクス」が専門の統計学者・鳥越規央さん(47)に、データから見た今季の広島の飛躍の理由を聞いた。(主なデータはいずれも9月4日時点)【聞き手・大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5190文字(全文5375文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]