メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平塚市

保健師と助産師 子育てを包括支援、拠点開設へ /神奈川

子育て世代包括支援センターが来年4月に開設される平塚市保健センター

 平塚市は来年4月、妊娠から出産、子育て期まで切れ目なく同じ場所で相談できる「子育て世代包括支援センター」を市保健センター(同市東豊田)に開設する。保健師と助産師がワンストップ拠点で相談に応じ、妊産婦や子育て家庭の個別ニーズを吸い上げてきめ細かい支援をする。

 同市では現在、妊娠が分かった女性に市民課や公民館の市民窓口センターなど17カ所で母子健康手帳を交付している。昨年度は約1900件を交付したが、保健師ら専門職に相談できる保健センターでの交付は1割未満の172件だった。

 子育て世代包括支援センター開設後はすべて同センター窓口で保健師らが面談をしながら同手帳を手渡す。手…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです