メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性犯罪

「魂の殺人」厳罰化評価 法改正答申で被害者

性犯罪厳罰化を柱とした要綱の概要

 法相の諮問機関・法制審議会の総会が12日あり、強姦(ごうかん)罪の法定刑の下限を引き上げ、被害者の告訴がなくても加害者を起訴できる「非親告罪」化する刑法改正の要綱を全会一致で採択、金田勝年法相に答申した。「魂の殺人」と呼ばれる強姦罪(法定刑懲役3年以上)が強盗罪(同5年以上)より刑が軽いのはおかしくないか--。見直しは性犯罪被害者たちの声を受けて始まった。【鈴木一生】

 2014年10月、松島みどり法相(当時)が法務省内に性犯罪の罰則に関する有識者らの検討会を設置した…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです