メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

カープ、眠るお宝100点 「小さな大投手」のユニホームや破れたズボン 草創期から黄金期、広島市が公開検討

長谷川良平投手がコーチ時代に着用していたユニホーム。胸の部分にうっすらと「CARP」の文字が残る=広島市中区で、山田尚弘撮影

 プロ野球・広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝を受け、球団草創期に使われたユニホームなどの資料について、所蔵する広島市が一般公開を検討し始めた。約30年前に持ち上がった市博物館構想のため収集した約100点で、構想が凍結されて収蔵庫に眠っている。市の担当者は「多くの人に見てもらえるようにしたい」と話している。【寺岡俊】

 チーム設立4年後の1954年にフィリピン遠征した際作られたユニホームや、「小さな大投手」と呼ばれた…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文897文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです