メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

開沼 博・評『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』加藤陽子・著

思考を積み重ねたうえでよりよき選択ができるように

◆『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』加藤陽子・著(朝日出版社/税抜き1700円)

 「選択肢が増えること」が、誰にとっても常に「好ましいこと」だとは限らない。例えば、近年になって広く受診可能になった「新型出生前診断」は、血液検査によって胎児の染色体障害の有無を知らせる。胎児の障害が確定した際、約97%の親が中絶を選ぶという。その選択をした親のすべてがただ単純に「良かった」と思うわけではなかろう。一方で、少なからず存在するだろう「良かった」と思う親に、実際に障害を持つ人やその親が何を思うだろうか。

 近代化は、私たちの自由や平等をより広く担保するように進み、技術や産業の展開と結びつきながら選択肢を…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです