メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/19 交通事故死者の3倍もの人たちが 自殺の背景、多い精神疾患 県連絡協で報告 /香川

香川県庁で開かれた県自殺対策連絡協議会=高松市で、玉木達也撮影

 交通事故による死者の約3倍の人が自殺で亡くなっている。

 5日、香川県庁(高松市)で開かれた「県自殺対策連絡協議会」。県障害福祉課など行政の担当者の他、大学や社会福祉法人、認定NPO法人、県警などの関係者ら約20人が出席した。

 県内の自殺の現状として、昨年は交通事故で52人が死亡したが、自殺による死者は156人だったことを県が報告した。厚生労働省の人口動態統計によると、人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は昨年、香川県は16・1。都道府県別では43位で決して高くない。それでも交通事故の約3倍の人が自ら命を絶つという深刻な事態となっている。

 県内の年代別自殺者の特徴としては、過去5年間をみてみると、男性の30〜60代が多く、女性は男性に比…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです