メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「核先制不使用」の波紋

ジョセフ・シリンシオーネ氏

 「敵の核攻撃を受けない限り、核兵器を使用しない」。オバマ米大統領の検討が伝えられた核の先制不使用宣言は、核政策の大転換となるだけに世界に反響を巻き起こした。国連総会が13日に開幕したが、核軍縮に向けた実りある議論は行われるのだろうか。米国での反応や、「核の傘」で守られている日本に与える影響などについて、両国の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4332文字(全文4495文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです