メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「核先制不使用」の波紋

ジョセフ・シリンシオーネ氏

 「敵の核攻撃を受けない限り、核兵器を使用しない」。オバマ米大統領の検討が伝えられた核の先制不使用宣言は、核政策の大転換となるだけに世界に反響を巻き起こした。国連総会が13日に開幕したが、核軍縮に向けた実りある議論は行われるのだろうか。米国での反応や、「核の傘」で守られている日本に与える影響などについて、両国の識者に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4332文字(全文4495文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]