メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

金融政策頼みは限界 経済同友会副代表幹事・専務理事 横尾敬介氏

=望月亮一撮影

 −−日銀の大規模な金融緩和への評価は?

 ◆3年半のうち前半は円安・株高も進み、非常にうまくいった。ただ、金融政策「一本やり」には限界があり、いつまでも現状の金融緩和を続けられるものでもない。アベノミクス全体として、金融・財政政策で時間を稼ぎ、その間に構造改革や規制緩和を進めて成長を促すとの意向があったと思う。後者をもっと足早に進めるべきではないか。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1076文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]