メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

金融政策頼みは限界 経済同友会副代表幹事・専務理事 横尾敬介氏

=望月亮一撮影

 −−日銀の大規模な金融緩和への評価は?

 ◆3年半のうち前半は円安・株高も進み、非常にうまくいった。ただ、金融政策「一本やり」には限界があり、いつまでも現状の金融緩和を続けられるものでもない。アベノミクス全体として、金融・財政政策で時間を稼ぎ、その間に構造改革や規制緩和を進めて成長を促すとの意向があったと思う。後者をもっと足早に進めるべきではないか。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1076文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです