メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・異次元緩和

金融政策頼みは限界 経済同友会副代表幹事・専務理事 横尾敬介氏

=望月亮一撮影

 −−日銀の大規模な金融緩和への評価は?

 ◆3年半のうち前半は円安・株高も進み、非常にうまくいった。ただ、金融政策「一本やり」には限界があり、いつまでも現状の金融緩和を続けられるものでもない。アベノミクス全体として、金融・財政政策で時間を稼ぎ、その間に構造改革や規制緩和を進めて成長を促すとの意向があったと思う。後者をもっと足早に進めるべきではないか。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1076文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです