メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公取の排除命令取り消し審判請求を取り下げ

 テレビやラジオで使う楽曲の使用料徴収の方法が独占禁止法違反(私的独占)に当たるとして公正取引委員会から排除措置命令を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)は14日、命令取り消しを求める審判請求を9日付で取り下げたと発表した。JASRACは「命令が問題とした状況は、事実上解消されつつある」などと説明している。

     公取は2009年、JASRACと各放送局が結ぶ契約が、著作権管理事業者の新規参入を妨げていると判断した。命令を不服とするJASRACの取り消し請求に対し、公取は12年、一転、命令を取り消す審決を出した。しかし、著作権管理会社イーライセンス(現NexTone)がそれを不服として東京高裁に公取を提訴。15年、最高裁で審決の取り消しが確定し、改めて公取で審判が行われていた。この間に、使用料の徴収方法が見直された。

     今回の審判請求の取り下げについて、NexToneは「歓迎し、支持する」とコメントを発表した。【最上聡】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 眞子さま 乗用車が自損事故、けがなし 宮内庁職員運転
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    3. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
    4. 米韓 THAAD、急いだ配備 北朝鮮の挑発警戒
    5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]