メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲状腺がん

検査で新たに4人 福島県民健康調査検討委

 東京電力福島第1原発事故の影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会は14日、2014年4月から実施している2巡目の甲状腺検査で、今年6月までに新たに4人ががんと診断されたことを明らかにした。2巡目でがんと確定したのは計34人で、がんの疑いと診断された人を含めると計59人となる。

     甲状腺検査は、事故時に18歳以下だった約37万人を対象に11年から1巡目を実施し、2巡目からは、事故後1年間に生まれた子どもを加えた約38万人を対象に実施されている。

     県によると、1巡目を含め、がんやがんの疑いと診断された子どもの数は計174人になる。内訳は、がんが135人、がんの疑いが39人だった。

     甲状腺検査については、治療の必要のないがん細胞を見つけ、不安を与えているなどとする「過剰診断」の指摘があり、検討委では、検査体制のあり方を継続して議論することを確認した。【曽根田和久】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
    4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです