メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法

「違憲」 被爆者ら提訴

 昨年9月に成立した安全保障関連法は憲法9条に違反するなどとして、広島県の被爆者ら165人が16日、集団的自衛権行使の差し止めや1人当たり10万円の賠償を国に求め、広島地裁に提訴した。

 市民団体「安保法制違憲訴訟広島の会」が賛同者を募った。訴状によると、集団的自衛権の行使を認めた安保関連法の制定で日…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]