メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手漉き和紙

職人・内藤さん、独訪問前に富士宮市長訪問 日本の手漉き欧州へ伝えたい /静岡

ドイツ訪問について須藤市長(右)に語る内藤さん=富士宮市役所で

 富士宮市上柚野で手漉(てす)き和紙工房を開く職人、内藤恒雄さん(68)がドイツで実演会や講演会、展示会を開くことになり、14日に同市の須藤秀忠市長を表敬訪問して計画を報告した。内藤さんは「日本の手漉き技術のすばらしさを伝えたい」と話した。内藤さんは1970年から手漉き和紙に従事。76年に上柚野で独立し、今年40周年を迎えた。2007年に駿河半紙技術研究会を設立して技術伝承に努め、…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]