メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14日正午のひまわりリアルタイムWebの画像。台風14号(左)と16号の雲の渦がはっきりと見える=情報通信研究機構提供

 2015年7月7日にひまわり8号のデータが公開され、その画像に多くの人が圧倒され、息をのんだ。情報通信研究機構が公開する「ひまわりリアルタイムWeb」は、世界で初めての「ほぼリアルタイムに気象衛星画像をフル画像で提供する」試みだ。

 いつ、どこにいてもこの衛星の画像を見ることができる。それだけだ。防災情報学の視点から言うと、このWebは何も教えてくれない。台風がいつ来るのか。どこに逃げればよいのか。そんな情報は何もない。ただし、今の台風の様子を確実に見ることができ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]