メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BIWAKOビエンナーレ

伝統とアートの融合 近江八幡で始まる 「見果てぬ夢」テーマに11月まで /滋賀

日本の伝統的建造物と調和する「BIWAKOビエンナーレ2016」の展示作品=滋賀県近江八幡市仲屋町中で、金子裕次郎撮影

 国内外のアーティスト約60組の作品が伝統的な建物と調和する「BIWAKOビエンナーレ2016」が17日、近江八幡市旧市街地一帯の10会場で始まった。11月6日まで。

 ビエンナーレはイタリア語で「2年に1回」。一般に隔年開催の芸術祭の呼び名になっている。今回は「見果てぬ夢」をテーマにフランスやイタリアなど海外7カ国の芸術家も参加している。作品は、建物の歴史や、注ぎ込む自然光との調和を意識しており、総合ディレクターの中田洋…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  2. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです