メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『人はなぜ星を見上げるのか 星と人をつなぐ仕事』=高橋真理子・著

 (新日本出版社・1944円)

 東日本大震災の夜、停電で明かりの消えた避難所から眺めた星空が忘れられない、という被災者の話を聞いたことがある。地上の惨状をよそに美しく輝く星を見て頭をよぎったのは、世の無常と生き延びた実感だったという。星座で神話を描き出した古人を引くまでもなく、人は星空を見上げてはものを思う生き物だ。

 著者の高橋さんは山梨県立科学館で約20年間、プラネタリウムの番組を製作し解説者を務めた。戦時、戦闘…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです