メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『人はなぜ星を見上げるのか 星と人をつなぐ仕事』=高橋真理子・著

 (新日本出版社・1944円)

 東日本大震災の夜、停電で明かりの消えた避難所から眺めた星空が忘れられない、という被災者の話を聞いたことがある。地上の惨状をよそに美しく輝く星を見て頭をよぎったのは、世の無常と生き延びた実感だったという。星座で神話を描き出した古人を引くまでもなく、人は星空を見上げてはものを思う生き物だ。

 著者の高橋さんは山梨県立科学館で約20年間、プラネタリウムの番組を製作し解説者を務めた。戦時、戦闘…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文488文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  5. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]