メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

東京・新宿 内藤とうがらし 「江戸で評判」特産復活へ /東京

赤く実った「内藤とうがらし」を収穫する「とうがらし女子」のメンバー=東京都練馬区大泉学園町で

プロジェクト広がる

 東京・新宿が江戸時代、トウガラシの一大産地だったことをご存じだろうか。当時のそばブームと相まって、薬味として江戸中の評判だった「内藤とうがらし」。辛さは「タカの爪」の半分で、香りがよく風味豊か。明治期に栽培が途絶えた「内藤とうがらし」を復活させるプロジェクトが、広がりをみせている。【篠崎真理子】

 緑のじゅうたんに、ルビーを散らしたような赤い実が点在する。ぷっくりとふくらんだ「内藤とうがらし」の…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです