メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京に生きる・技と人

/7 龍村美術織物織り手・岩間利夫さん 憧れと志が磨いた「宝」の腕 /京都

両手を素早く動かして帯を織る岩間利夫さん=京都市上京区の龍村美術織物烏丸工場で、小松雄介撮影

 龍村美術織物(本社・京都市中京区、龍村旻(きよし)社長)の烏丸工場(上京区)へ、自転車で通勤する。約15分。帰りは地形上、やや上りになるので20分ほど。「前は歩いていたけれど、さすがにやめました」。そう言って笑う「織り手さん」の岩間利夫さんは、今年で82歳になった。自転車になったといっても、なお足腰が丈夫な証拠だ。

 1894(明治27)年創業の同社は、帯地をはじめ、古代から伝わる「名物裂(ぎれ)」の復元なども手が…

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1773文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです