メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

老朽化進む校舎、災害に弱く 熊本地震、公立校65%損傷

 最大震度7を2回観測した4月の熊本地震は、熊本県内の公立学校の65%に当たる390校に壁の破損や天井落下などの被害を生んだ。校舎自体が倒壊する大きな被害がなかったため見過ごされがちだが、地震発生から約5カ月たった今も校舎や体育館を使えず不自由な生活を強いられる学校もある。阪神大震災以降、学校施設の耐震化は進んだが、老朽化による損傷という避け難い現実が浮かび上がった。

 「大変な時なので生徒たちも文句を言わず頑張っていますが、何年もこの状況が続くと思うと不自由ですね」…

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです